Ubuntuでタイムゾーンを再設定する。

AWS上のUbuntu公式イメージのタイムゾーンがUTCだった。
これまではインストールの際にAsia/Tokyoを指定していたため、これまでコマンドラインで設定したことがないことに気づかされて今回調査するに至った。

# sudo dpkg-reconfigure tzdata

上記を実行するとUbuntuのインストーラ実行時のタイムゾーン設定と同様の画面が表示され、Asia/Tokyoを指定することができた。
設定済みのイメージはAMI化しておくのがよさそうだ。

カテゴリー: AWS, Linux パーマリンク

コメントを残す